群馬ライフ・ライン ヘッダー

ライフ・ライン2002年6月番組案内

第1週(#683)2002.6/2
命のメッセージ(野口和子さん・川端光生さん)

フリーライターの野口和子さん、東久留米キリスト教会牧師の川端光生さんにお話を伺う。お二人は最近、15人の自殺未遂をした人々の記録をまとめた本『命のメッセージ』を出版した。番組では「自殺」について、また絶望からの脱出ということについて考えてみる。
 

第2週第(#684)2002.6/9
ライフ・ラインのつどいイン福島(榊原 寛牧師)

福島県で行われたライフ・ラインのつどいから、榊原 寛牧師のバイブルメッセージをお届けする。「どんなときでも共にいてくださる神」というテーマで、聖書の中から語る。

 
第3週(#685)2002.6/16
約束の旅路(森繁昇さん)

ハワイ在住のゴスペルシンガー、森繁昇さんをゲストに迎え、歌やお話をお届けする。森繁さんは20代の頃にアメリカのナッシュビルに渡り、ブルーグラスのバンドのメンバーとなった。その中で信仰を持ち、その後、日本で伝道活動を始めた。現在はハワイに住み、年に数回日本を訪れ、各地の教会やストリートなどでも歌を歌いながら聖書のメッセージを伝えている。

 

第4週(#686)2002.6/23
平和を求めて(榊原茂さん)

今、心を痛めるパレスチナ問題。イスラエルに住む榊原茂さんに現地の様子を伺い、平和だったベツレヘム聖誕教会の映像などを見ながら、平和や争いに私たちはどう対処したらよいのか考える。

 
第5週 (#687)2002.6/30
ゴスペル・イン・文楽(豊竹 英大夫さん)

日本の伝統芸能のひとつである文楽で、義太夫語りとして活躍する豊竹英大夫さんをゲストにお迎えする。豊竹さんは伝統的な作品の他に、聖書の物語を語る「賛美義太夫」を手掛けている。番組では豊竹さんのお話を伺うとともにキリストの生涯を綴った文楽「イエスの生涯」の上演の様子などもお届けする。

 
群馬ライフ・ライン フッター MAIL