群馬ライフ・ライン ヘッダー

ライフ・ライン2003年10月番組案内

第1週(#753)2003.10/5
今、教育の現場から(夏村 充さん)
メッセージ:榊原 寛

神奈川県茅ヶ崎市にある平和学園の学園長、夏村充さんをスタジオにお迎え する。夏村さんは長い間、牧師としても働いて来られ、現在も理事長、学園 長としてキリスト教主義に基づく学校教育に取り組んでいる。世界に通用す るグローバルな人間となるためには、どのような教育が必要なのか?教育の 現場からのお話を伺う。

10月のモーニングカフェ(第1,2,3週)は、「偉大な音楽家とその信仰」 と題し、チェロ奏者のベアンテ・ボーマン氏の演奏と作曲家のエピソードを お届けします。

第2週(#754)2003.10/12
壊れた私、元気になった(再)(惠泉塾)
メッセージ:羽鳥 明

北海道余市にある農園「惠泉塾」を紹介する。ここは、人生に行き詰まった 人たちのための再生の港といえるところ。自然の中で共同生活をしながら聖 書を学び、農業をする塾生達。番組ではその様子や、そこから新しい出発を した人たちのお話を伺いながら、人を立ち上がらせる神の力について考える。

 
第3週(#755)2003.10/19
天使の舞(バレエ・イグゾルテーション)
メッセージ:安海 靖郎

今年の春、アメリカ・アラバマ州から女子高校生を中心としたバレエ団「バ レエ・イグゾルテーション」が来日した。東京での公演の様子と、団長やバ レリーナたちのお話を紹介する。

 
第4週(#756)2003.10/26
ミシンキルト工房「草の花」(奥富 則子)
メッセージ:村上 宣道

愛媛県松山市に住む奥富さんは、聖書をモチーフにしたミシンキルトの製作 をしている。奥富さんは、ミシンキルトとの出会いの中で信仰を持つように なった。作品を紹介するとともにお話を伺う。

 

群馬ライフ・ライン フッター MAIL