群馬ライフ・ライン ヘッダー

ライフ・ライン2004年11月番組案内

第1週(#810)2004.11/7
「神様がくれた弱さとほほえみ」
西村 隆さん

西村隆さんは、7年前にALS(筋萎縮性側索硬化症)という、運動神経の障害によって筋肉が萎縮していく進行性の難病を発病し、身体の自由と話す声を失った。西村さんは、今の生活を「闘病」ではなく「共病」として、病いを豊かな個性と考えて歩んでいる。今回は、「多くのものを失いながらも、その中で多くのものを得た」という西村さんの生活を紹介する。

 
第2週(#811)2004.11/14
「自然生クラブ」柳瀬 敬さん

柳瀬敬さんは、茨城県つくば市でハンディをもった方々と共同生活をし、有機農業を中心としながら、和太鼓やアートなどの表現活動をしているNPO法人「自然生クラブ」を主宰している。その活動の様子や柳瀬さんのお話をお届けする。

 
第3週(#812)2004.11/21
「生の輝き」 鈴木 邦浩さん

前橋市に住む鈴木 邦浩さんは、進行性筋ジストロフィーという難病を抱えながら、自然の草花や果実の水彩画を描いている。10月に開かれた水彩画展を紹介するとともに、お話を伺う。

 
第4週(#813)2004.11/28
「ゴスペルミュージックと出会った人生」
JAYE公山さん

プロミュージシャンとして活躍するJAYE公山さんを2週に渡って紹介する。一週目は、ブラックゴスペルについて、そして現在取り組んでいる「日本語でのオリジナルゴスペル」についてお話をスタジオで伺う。

 
群馬ライフ・ライン フッター MAIL