群馬ライフ・ライン ヘッダー

ライフ・ライン2005年4月番組案内

第1(#830)2005.4/3
「信仰を描く」安倍 修三郎さん

静岡県沼津市に住む日本画家の安倍 修三郎さんは、ライフワークとして聖書の中の女性を描き続けている。アトリエを訪ね、作品を紹介しながら、安倍さんの絵に対する思いなどを語っていただく。

 
第2週(#831)2005.4/10
「主はそのかいなに」澤田ゆり子さん


神奈川県相模原市に住む主婦、澤田ゆり子さんの二人のお子さんは、思わぬ病に襲われ、闘病生活を余儀なくされた。そのような中で澤田さんを支えたのは、聖書のことばであったという。澤田さんを訪ね、お話を伺う。
 
第3週(#832)2005.4/17
「希望を見出して生きていくために」
坂 賢二郎さん


民間援助団体ワールド・ビジョン・ジャパンのスタッフ、坂 賢二郎さんをスタジオに迎える。坂さんは、緊急援助のスタッフとしてスマトラ沖大地震直後にインドを訪れた。現地の様子や、インドでのチャイルド・スポンサーシップの働きについてお話を伺う。
 
第4週週(#833)2005.4/24
「なにわゴスペルフェスティバル vol.7」

6月4日に大阪で「なにわゴスペルフェスティバル vol.7」が開催される。日本の第一線で活躍するゴスペルシンガーが集結するこの公演のプロデューサー、JAYE 公山さんをスタジオに迎え、フェスティバルに臨む思いなどを語っていただく。

 
群馬ライフ・ライン フッター MAIL