群馬ライフ・ライン ヘッダー

ライフ・ライン2006年2月番組案内

第1週(#873)2006.2/5
「柿の花」塙 葉子さん


千葉県流山市に住む塙葉子さんは、小学校の教師として30年以上教育に携わってきた。その中で短歌を作り続け、一昨年、自作の短歌集『柿の花』を出版した。塙さんの短歌を紹介しながら、教育について、ご自身についてなどのお話を伺う。

 
2週(#874)2006.2/12
「紅茶とやすらぎ」稲見冬峰さん


紅茶の専門家・ティーコーディネーターの稲見冬峰さんは、小学生の時に友達の死がきっかけで生きることに希望が持てなくなった。19歳で信仰を持ち、人生が変わったという稲見さんにお話を伺う。また、ティーバッグでのおいしい紅茶の入れ方のアドバイスやフルーツティーの入れ方を紹介してもらう。
 
第3週(#875)2006.2/19
「ナルニア国物語」井上政己さん


長い間、多くの人に読み継がれてきた『ナルニア国物語』が映画化され3月4日に日本でも公開になる。この映画「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」を紹介するとともに、原作や作者C・S・ルイスについてのお話を東京基督教大学専任講師、井上政己さんに伺う。
 
第4週(#876)2006.2/26
「きょうも幸せです。」イ・チソンさん


日韓累計50万部のベストセラーとなった『チソン、愛してるよ。』の著者イ・チソンさんは、自動車事故で全身の55%に大やけどを負い、指も、美しかった顔も、それまでの人生も、夢も失った。しかし、現在は、新しい夢を叶えるため、アメリカの大学でリハビリテーションコンサルティングの勉強をしている。イ・チソンさんの体験談や今抱いている夢についてなど、お話を伺う。
 
群馬ライフ・ライン フッター MAIL