群馬ライフ・ライン ヘッダー

ライフ・ライン2006年3月番組案内

第1週(#877)2006.3/5
「マコト・フジムラ パフォーマンス・アート」
マコト・フジムラさん、和泉ちぬさん

ニューヨーク在住の日本画家マコト・フジムラのパフォーマンス・アートが昨年12月、東京で開かれた。このパフォーマンス・アートは、「和解」をテーマに、音楽と朗読の中、会衆の前で絵を描くものだった。競演した和泉ちぬさんをスタジオに迎え、その様子を紹介するとともにお話を伺う。

2週(#878)2006.3/12
「子どもたちに希望を」
 ワールド・ビジョン・ジャパン


世界中の恵まれない子どもたちに援助の手を差し伸べている民間援助団体ワールド・ビジョン・ジャパンの働きを紹介する。昨年日本を訪れたインドのスタッフ、ビンドゥモル・ジョセフさんにお話を伺うとともに、開発途上国の子どもたちへの援助について考える。
 
第3週(#879)2006.3/19
「音の無い世界」 神尾 桂さん


神尾桂さんは生まれてすぐ、聴覚を失った。現在、神尾さんは画家としての道を歩き始めている。音の無い世界やキリストの傷あとをテーマに描かれた神尾さんの作品を紹介するとともに、制作の様子や、ボランティア活動の様子などを交え、お話を伺う。
 
第4週(#880)2006.3/26
「みんなの森」 永見冨久好さん


神奈川県横浜市泉区に住む永見冨久好さんは、不法投棄のゴミでいっぱいだった森を地域の人々の憩いの場に変え、様々な活動を行ている。「人のために、人が喜んでくれることをしたい」と言う永見さんにお話を伺うとともに、朝市や文化祭などの様子を紹介する。
 
群馬ライフ・ライン フッター MAIL