群馬ライフ・ライン ヘッダー

ライフ・ライン2006年7月番組案内

第1週(#894)2006.7/2
「熟年いきいき会」 (田口 誠弘さん1)


長年、大手食品会社の社員教育部門で働いてきた田口誠弘さんは、定年退職後、地域に住む熟年者を対象としたサークル「熟年いきいき会」を発足した。会の様々な活動の様子を紹介しながら、代表の田口さんに、いきいき会の発足に至るまでのこと、田口さんご自身についてなどのお話を伺う。

 
2週(#895)2006.7/9
企業戦士よ、退職後に戦死するな」
田口 誠弘さん2

前週に引き続き、市民活動サークル「熟年いきいき会」の代表、田口誠弘さんを紹介する。今回は田口さんをスタジオに迎え、定年退職後の人生をいきいきと過ごすためにはどうしたらよいか、また、そのための備えとは何かなどのお話を伺う。企業戦士必見の番組。
 
第3週(#896)2006.7/16
「お母さんのための絵本の旅」
澤谷 由美子さん2

『おはなしのへや〜お母さんのための絵本の旅』の著者、澤谷由美子さんの2回目。澤谷さんは、15年前から乳幼児とお母さんのためのサークル「おはなしのへや」を主宰している。今までに約300組の母子とかかわり、子育て、家庭づくり、自分育てなどのアドバイスをしてきた澤谷さんをスタジオに迎え、ご自身のこと、また女性の自己実現とは…などのお話を伺う。
 
第4週(#897)2006.7/23
主の山に備えあり」松村 俊夫さん登世さん夫妻

松村俊夫さん、登世さん夫妻は定年退職後、自然の恵み豊かな山梨県北杜市に移り住んだ。登世さんは水彩画家として、また俊夫さんは野菜作りや奥さんのサポートをするなど、充実した生活を送っている。しかし、ここに移り住むにあたっては、人生の大きな試練の中での決断だったという。登世さんの水彩画を紹介しながら、お話を伺う。
 
第5週(#898)2006.7/30
「かけがえのないあなたを生きるために」
メッセージ:関根 弘興


この6月、北海道旭川市で「ライフ・ラインのつどい」が行われた。「つどい」の様子を紹介するとともに、ライフ・ラインの司会者でメッセンジャーの関根弘興牧師が、「かけがえのないあなたを生きるために」というタイトルで語った聖書からのお話をお届けする。
 
群馬ライフ・ライン フッター MAIL