群馬ライフ・ライン ヘッダー

ライフ・ライン2006年12月番組案内

第1(#916)2006.12/3
「アフガン難民に愛の手を」 星野 隆三さん

NPO法人「燈台」(アフガン難民救援協力会)は、アフガン難民のために医療、教育の支援を19年行ってきた。「燈台」の理事のひとり、星野隆三さんに現地の様子についてお話を伺うとともに、現地代表者や支援者の声をお届けする。

 
2週(#917)2006.12/10
「たいせつなきみ」 J's 倶楽部


朗読劇を行っている「J's 倶楽部」は、プロの役者や音楽家、演出家が集まって結成された演劇集団で、おもに学校や教会などを中心に公演活動をしている。クリスマス公演を前に練習に打ち込むメンバーの様子や東京都の中学校で上演された作品「たいせつなきみ」などを紹介する。
 
第3週(#918)2006.12/17
「贈り物〜神様からの贈り物、あなたへの贈り物」


「贈り物」をテーマにお届けするクリスマス番組。ミニチュアクラフト・ドールハウス作家の相馬幸恵さんに、クリスマスの贈り物にぴったりのクラフトの作り方を紹介していただくとともに、お話を伺う。また、声楽家・稲垣俊也さんとゴスペルデュオ・コパンが歌うクリスマスキャロルと村上宣道牧師による 聖書のお話をお届けする。
第4週(#919)2006.12/24
「クリスマス、キリストの近くに」 稲垣 俊也さん

オペラなどを中心に音楽活動を展開している稲垣俊也さんは、今年、夫人で声楽家の遠藤久美子さんと共に、初のデュオCD「めくるめく季節の中で〜クリスマスからクリスマス〜」をリリースした。稲垣夫妻の歌をお届けするとともに、稲垣さんに、クリスマスをテーマに制作されたCDにまつわるお話を伺う。
第5週(#920)2006.12/31
「神の愛を歌にのせて」 森 祐理さん

NHK教育テレビ「ゆかいなコンサート」の歌のお姉さんとして、また、ミュージカルなどの舞台で活躍をしていた森祐理さんは、突然声を失うという体験をとおしてゴスペルシンガーとしての道を歩むようになった。阪神・淡路大震災で弟を亡くすという悲しい経験から人々に神の愛、希望、励ましを届けようと、森さんは現在、コンサートを中心とした活動をしている。お話を伺うとともに、教会で行われたコンサートの様子をお届けする。
 
群馬ライフ・ライン フッター MAIL