群馬ライフ・ライン ヘッダー

ライフ・ライン2007年8月番組案内
アリ・レジャイアンさん

1週(#951)2007.8/5
「尽きぬ愛を携えて」アリ・レジャイアンさん


神奈川県小田原市に住むイラン人の牧師、アリ・レジャイアンさんの2回目。日本に来て16年、イランでの経験を生かしてサッカーのコーチ、演劇活動など、牧師の働きとともに様々な活動をしている。自分を救ってくれたキリストの愛を、多くの人に知ってほしいというアリさんの活動の様子を紹介する。

 
関根弘興先生
第2#952)2007.8/11
「ライフ・ラインのつどいin新潟」


新潟県魚沼市で行われた「ライフ・ラインのつどい」から、「変わらない約束」と題して語られた関根弘興牧師による聖書のお話をお届けする。
 
佐藤 健さん
第3週(#953)2007.8/18
「栄冠をめざして」佐藤 健さん


千葉県船橋市に住む佐藤健さんは、67歳で国際協力機構JICAのシニアボランティアとしてチリに派遣され、卓球ナショナルチームの技術アドバイザーコーチとして選手の指導にあたってきた。かつて日本の大学や実業団の監督として活躍した佐藤さんに、若い選手たちの指導者として、またクリスチャンとしての歩みについてお話を伺う。
 
小菅 吼月(こうげつ)さん
第4週(#954)2007.8/25
「竹工芸一筋60年」小菅 吼月(こうげつ)さん


新潟県南蒲原郡に住む小菅吼月さんは、竹工芸作家として60年間、独自の造形美を追求し続けている。現在の作品には、キリスト教の信仰が反映しているという小菅さんにお話を伺うとともに、制作の様子、また作品を紹介する。
 
群馬ライフ・ライン フッター MAIL