群馬ライフ・ライン ヘッダー

ライフ・ライン2007年9月番組案内
漆間一英さん

1週(#955)2007.9/2
「共に生きよう」漆間 一英さん・古里 靖さん


神奈川県相模原市にある教会の牧師、漆間一英さんは、保育園や認知症老人対応のグループホームなどを設立し、愛の心をもった福祉の働きを積極的に行っている。また漆間さんの働きを知った庭師、古里靖さんも何かできることはないかと考え、障害者に働きの場を提供している。漆間さんと古里さんの活動を紹介する。

古里靖さん
第2 (#956)2007.9/9
「くつろぎの喫茶店 テヒリーム133」宗実(むねざね) 正明さん・こず枝さん


埼玉県入間市で「テヒリーム133」という喫茶店を経営している宗実正明さん、こず枝さん夫婦を紹介する。「テヒリーム133」とは聖書の詩篇133篇という意味で、そこには、人々が仲良く集まる、くつろぎの空間を作りたいという願いが込められている。宗実さん夫婦にお話を伺う。
 
村上宣道牧師
第3(#957)2007.9/16
「ライフ・ライン サマーキャンプ」

軽井沢で開催された「ライフ・ライン サマーキャンプ」から、「結局のところは……」と題して語られた村上宣道牧師のお話と、キャンプの様子をお届けする。

 
大和田 広美さん
第4週 (#958)2007.9/23
「虹のかかるとき」大和田 広美さん

シンガーソングライターの大和田広美さんは、1歳9ヶ月の時に、はしかで失明した。キリストに出会って、生きる意味を見い出したという大和田さんのお話と歌を、8月に軽井沢で行われた「ライフ・ライン サマーキャンプ」からお届けする

 
青木 美久(よしひさ)さん
第5 (#959)2007.9/30
「希望に向かって」青木 美久(よしひさ)さん


愛知県小牧市に住む青木美久さんは、ひきこもりの人たちへの訪問や就労支援を行う青少年生活自立サポートセンターの代表として活動している。自らのひきこもりの経験から「信頼関係を作り、自信を与える」といった様々なプログラムを考え出し、成果を上げている青木さんに、お話を伺う。
 
群馬ライフ・ライン フッター MAIL