群馬ライフ・ライン ヘッダー

ライフ・ライン2007年11月番組案内
松浦 忠孝さん

1週(#964)2007.11/04
「新しい喜びの発見」松浦 忠孝さん


前週に続いて、北海道札幌市に住む写真家の松浦忠孝さんを紹介する。現在、肝臓がんで闘病生活を送っている松浦さんは、7月に広島県呉市にある教会で講演会を行った。「新しい喜びの発見」と題されたこの講演会の様子をお届けするとともに、お話を伺う。

 
岩渕 まことさん・由美子さん
第2週(#965)2007.11/11
「ぺんぺん草のうた」岩渕 まことさん・由美子さん


シンガーソングライターの岩渕まことさんは、9月にアルバム「ぺんぺん草のうた」をリリースした。花の詩画で知られる星野富弘さんの詩に曲をつけたこのアルバムでは、新しい星野富弘の世界が表現されている。岩渕さんご夫妻の歌とお話をお届けする。
 
小池 雄一さん
第3週(#966)2007.11/18
「夢を追い求めて」小池 雄一さん


栃木県宇都宮市で人気の「たい焼き屋」を経営する小池雄一さん。以前は、インドネシアでコンピューター関係の会社を経営していたが、学生時代からの夢は、海外で「おにぎり屋」を経営することだという。現在も夢の実現に向かって進んでいる小池さんに、挫折の中で信仰をもったこと、これからの夢などについて、語っていただく。
 
村瀬 恭弘さん
第4週(#967)2007.11/25
「充実の我が闘病人生」村瀬 恭弘さん


神奈川県藤沢市に住む村瀬恭弘さんは、働き盛りの30代半ばにパーキンソン病と診断された。以来、約30年間、病気を抱えながらも仕事を続けて一家を養い、定年退職まで勤め上げた。現在、村瀬さんは「全国パーキンソン病友の会神奈川県支部」の役員を勤めるなど、患者や家族との交流活動なども行っている。村瀬さんの生活の様子を紹介するとともに、お話を伺う。
 
群馬ライフ・ライン フッター MAIL