群馬ライフ・ライン ヘッダー

ライフ・ライン2008年8月番組案内
13人の個展+キッズ・アート展

第1週(#1003)2008.08/03
「13人の個展+キッズ・アート展」


クリスチャンアーティストの集まりであるバイブル・アンド・アート ミニストリーズが、横浜で開催した作品展の様子をお届けする。また代表の町田俊之さんにクリスチャンアートについてのお話を伺いながら、メンバーの画家や写真家たちを紹介する。

13人の個展+キッズ・アート展
宇根岡 操(春風 みお)さん
第2週(#1004)2008.08/10
「平和を手渡す」宇根岡 操(春風 みお)さん


広島での被爆体験を、人形「たみちゃん」とのかけ合いで語る腹話術師、春風みおさんこと宇根岡操さん。今年83歳になる宇根岡さんは、命ある限り、被爆体験を通して、平和を語り続ける義務があると言う。宇根岡さんの公演の様子とお話をお届けする。
 
村上 宣道
第3週(#1005)2008.08/17
「ライフ・ラインのつどい in 青森」


この7月、青森市で行われた「ライフ・ラインのつどい」から、村上宣道牧師のメッセージをお届けする。「喜びのある生活」と題して、神の愛によって実現する喜びについて、聖書から語る。
 
上野有さん・直子さん
第4週(#1006)2008.08/24
「イエスの愛をメロディにのせて」上野有さん・直子さん


上野有さん、直子さん夫妻は「ジョイン」いうユニット名で、教会を中心としたコンサートを行っている。「どこででも、誰にでも」がモットーだというジョインの活動の様子や、家庭では2人の子どもの子育て奮闘中の上野さん夫婦のお話を伺う。

 
市川 正美さん
第5週(#1007)2008.08/31
「いのちの輝きに魅せられて・2」市川 正美さん

広島県広島市に住む布絵作家の市川正美さんは、いらなくなった布や古い布を使って、花や野菜などの作品を制作している。広島で生まれ育ち、被爆者を家族に持つ市川さんは、一昨年、「祈り・百羽の折り鶴」という作品を平和の願いを込めて発表した。「いのち」を表現しているという市川さんの作品を紹介するとともにお話を伺う。

 
群馬ライフ・ライン フッター MAIL