群馬ライフ・ライン ヘッダー

ライフ・ライン2008年12月番組案内
蘇畑(そばた) 光子さん

第1週(#1021)2008.12/07
「愛に動かされて〜神と人とに仕える〜」
ワールド・ビジョン・ジャパン/蘇畑(そばた) 光子さん


世界の飢餓・貧困・災害・紛争に苦しむ子どもたちを支援している特定非営利活動法人、ワールド・ビジョン・ジャパンのスタッフ、蘇畑光子さんをスタジオに迎え、途上国の子どもたちに対する思いや、チャイルドスポンサーシップについてお話を伺う。

 
タンバリンズ
第2週(#1022)2008.12/14
「あなたがしてくれたこと」タンバリンズ


北海道を中心に活動しているゴスペルグループ、タンバリンズは大学時代の音楽サークルで出会った3人によって結成され、日々の生活の中から生まれた神への思いを、日本語のオリジナル曲にして歌っている。結成して19年、今年10年ぶりにCD「あなたがしてくれたこと」をリリースした。東京でのコンサートの様子とともに、メンバーにお話を伺う。
 
エバーグリーン・クワイアー/物井 洋介さん
第3週 (#1023)2008.12/21
「GIFT〜神さまの贈り物」
エバーグリーン・クワイアー/物井 洋介さん 


小中学生で構成されているエバーグリーン・クワイアーは、イベントや教会でのコンサートの他、最近では、オリジナル・ゴスペルミュージカルの公演なども行っている。今年、上演されたミュージカル「GIFT〜神さまの贈り物」は、神さまの最大の贈り物であるクリスマスのメッセージが詰まっている。このミュージカルとともに、エバーグリーン・クワイアーのディレクター、物井洋介さんにお話を伺う。
 
JAYE公山さん
第4週(#1024)2008.12/28
「セレブレーション!」なにわゴスペルフェスティバル

今年の7月に紹介した「なにわゴスペルフェスティバル」の様子を再びお届けする。このフェスティバルは、ゴスペルシンガーのJAYE公山さんがプロデュ−スする本格的なゴスペルコンサートで、今年10周年を迎えた。毎年、国内外の一流のゴスペルシンガーを迎え、また、様々なテーマを掲げ開催されている。年の終わり、パワフルでハートフルなゴスペルソングで楽しんでいただく。
 
群馬ライフ・ライン フッター MAIL