群馬ライフ・ライン ヘッダー

ライフ・ライン2009年3月番組案内
遠藤 勝信さん

第1週(#1033)2009.03/1
シリーズ イエス・キリストの生涯(7)
「十字架」
■お話と解説:遠藤 勝信さん  (聞き手:関根 弘興)

シリーズ7回目は「十字架」をテーマにお届けする。なぜイエス・キリストは「十字架」にかけられたのか。また「十字架」とはいったい何だったのか。その意味を探り、解説していく。

 
菅野 万利子さん
第2週 (#1034)2009.03/08
「感謝と喜びの音楽」  菅野 万利子さん 


ピアニストの菅野万利子さんは4才からピアノを始め、大学時代に日本音楽コンクール入賞、文化放送音楽賞を受賞した。アメリカ留学の後、ヨーロッパでも研鑽を積み、帰国後は幅広いレパートリーを持ってコンサート活動をしている。クリスチャンになってから、自分にとっての音楽の意味が変わったという菅野さんに、演奏を交えてお話を伺う。
 
福井誠牧師
第3週 (#1035)2009.03/15
「ライフ・ラインのつどい in 兵庫」 


昨年10月、兵庫県宝塚市で行われた「ライフ・ラインのつどい」から、「新しいいのちに満たされる」と題して語られた、福井誠牧師による聖書のお話をお届けする。
 
川端光生さん
第4週 (#1036)2009.03/22
「人間とは何か」  川端光生さん


東京都東村山市にある、キリストの栄光教会の牧師で『聖書の人間観、人間とは何か』の著者である川端光生さんに、聖書の創世記から「人間とは何であるか」「ヒューマニズムの限界」などについてお話を伺う。
 
ゴスペルリンキングフェスタ
第5週(#1037)2009.03/29
「命の灯火を消さないで」
ゴスペルリンキングフェスタ 


昨年末、「ゴスペルリンキングフェスタ」というチャリティコンサートが東京で行われた。このコンサートは、「命の灯火を消さないで」というテーマで、飢餓や貧困などで苦しむ世界の人々に心を留めてほしいという願いで開催された。日本を代表するゴスペルシンガーたちの歌声とメッセージを紹介する。
 
群馬ライフ・ライン フッター MAIL