群馬ライフ・ライン ヘッダー

ライフ・ライン2009年8月番組案内
佐藤明枝さん
第1週 (#1055)2009.08/02
「永遠に変わらないもの」佐藤明枝さん 


東京都世田谷区に住む佐藤明枝さんは、押し花アートのインストラクターとして作品展や教室を開いている。押し花という優しい作品に触れてもらうことで、多くの人の心がいやされたらと願っている。そんな佐藤さんがキリスト教の信仰を持ったのは、子育てで悩んでいた時だったという。作品を紹介するとともにお話を伺う。
 
パトリック・マケリゴットさん
第2週(#1056)2009.08/09
シリーズ・魅力あふれる家庭セミナー(最終回) 
「豊かに変えられる人生」
パトリック・マケリゴットさん


イギリス人宣教師パトリック・マケリゴットさんによる講演「魅力あふれる家庭セミナー」の4回目(最終回)。夫婦関係や子育てについて、長年、PTAや一般企業などで講演を行ってきたマケリゴットさん。しかし、幼い頃は母親から盗みを教えられ、親子で万引きを繰り返すような家庭環境の中で育ったという。そんなマケリゴットさんが、いかにして牧師の道を歩むまでに変えられていったのか、波瀾に富んだ人生を熱く語る。
 
西山 崇さん
第3週 2009.08/16
「戦争、人、心、そこにある苦悩と解放」
西山 崇さん 


米国ニューヨーク州立大学の准教授・西山崇さんをスタジオに迎えてお話を伺う。西山さんは大学で教鞭をとりながら科学技術史を研究し、特に第二次世界大戦で軍事動員された科学技術者たちの倫理観や心の思いに目を向けている。西山さんの研究内容とともに、戦争が人の心に与える影響や苦悩、そして、そこからの解放などについて伺い、戦争の愚かさ、また平和について考える。
 
ライフ・ライン クルーズ

第4週(#1058) 2009.08/23
ライフ・ラインのつどい in 滋賀
「ライフ・ライン クルーズ」


この7月、滋賀県のびわ湖を運航するクルーズ船「ビアンカ」で、放送20周年記念「ライフ・ライン クルーズ」が行われた。船上では、関西で活躍するミュージシャンのコンサートや、アコーディオン奏者・檜山学さんの演奏、また番組でおなじみの村上宣道牧師による聖書の話など、盛りだくさんのプログラムが催された。そのクルーズの様子をお届けする。

 
ベー・チェチョルさん

第5週 (#1059) 2009.08/30
「歌う歓び、生きる喜び」ベー・チェチョルさん(1) 


韓国人テノール歌手のベー・チェチョルさんを2週にわたって紹介する。ベーさんは「アジアのオペラ史上最高のテノール」と称され、ヨーロッパを中心に活躍していたが、2005年に甲状腺がんが見つかり、摘出手術の際に声帯と横隔膜の神経を切断し、完全に声を失ってしまった。その後、機能回復手術、厳しいリハビリを経て奇跡的に復活を遂げたベーさんは、「新しい声を授けてくれた神様に感謝している」と語る。お話を伺うとともに、5月に行われたリサイタルから、歌声をお届けする。

 
群馬ライフ・ライン フッター MAIL