群馬ライフ・ライン ヘッダー

ライフ・ライン2009年9月番組案内
ベー・チェチョルさん
第1週 (#1060) 2009.09/06
「輝く日を仰ぐとき」ベー・チェチョルさん(2) 


前週に引き続き、韓国が世界に誇るアジアNo.1テノール歌手、ベー・チェチョルさんを紹介する。べーさんは甲状腺がんにより声帯と横隔膜の神経を切断し、完全に声を失いながらも復帰に向けて厳しいリハビリに取り組んでいた。そして、2008年にCD「輝く日を仰ぐとき」をリリース、またリサイタルを開催するまでとなった。「新しい声を授けてくれた神様に感謝している」と言うベーさんにお話を伺うとともに、5月に行われたリサイタルから歌声をお届けする。
 
岩井基雄
第2週 (#1061) 2009.09/13
「ライフ・ライン サマーキャンプ」

この夏、軽井沢で開催された毎年恒例の「ライフ・ライン サマーキャンプ」。今年は、放送20周年を記念して、演歌フレンズのコンサート、聖書の講演会、そして番組に出演した芸術家たちによる作品展が行われた。その様子を2週にわたって紹介する。1週目は、講師の一人で「ライフ・ライン」には初登場、ラジオ番組「世の光」でおなじみの岩井基雄牧師の聖書のお話をお届けする。
 
演歌フレンズ
第3週 (#1062) 2009.09/20
「聖書のメッセージを演歌で」演歌フレンズ 


「ライフ・ライン サマーキャンプ」からの番組の2回目は、音楽ゲストの「演歌フレンズ」を紹介する。「演歌フレンズ」はゴスペルの心である聖書のメッセージを演歌というスタイルで歌い、教会や老人ホームなどでコンサートを行っている。キャンプ中に行われた放送20周年記念コンサートの様子をお届けする。
 
森アニケンさん

第4週(#1063) 2009.09/27
「愛を伝える」森アニケンさん 


福島県いわき市に住む森アニケンさんは、36年前に宣教師としてノルウェーからやってきた。現在は教会で英会話や聖書の学び会などを開いている。また18年前から、子供たちの日常や、いわき、ノルウェーの風景を水彩で描いている。作品展の様子などとともにお話を伺う。

 
群馬ライフ・ライン フッター MAIL