群馬ライフ・ライン ヘッダー

ライフ・ライン2010年1月番組案内
間室照雄

第1週(#1077) 2010.01/03
「新年の初めに」
■コーナー:間室照雄 


聖書のことばを胸に、新しい年を始めていただきたいと願い、村上宣道牧師が聖書からのメッセージをお届けする。また、花の紹介でおなじみのサニベルグリーンハウスの間室照雄さんに、年末、年始に贈答用として人気のある「シクラメン」についてのお話と、長く楽しむためのアドバイスを伺う。
※この回の放送は、放送局によって以下のように放送日時が変更になりますので、ご注意ください。

 
山崎和夫さん
第2週 (#1078) 2010.01/10
「技術と心が磨かれて」山崎和夫さん


東京都新宿区に「レンズ研磨」の工房を構える山崎和夫さんは、カメラのレンズについた傷や汚れを特殊な技術で磨き、再生させる職人として働いている。この道50年以上の山崎さんは、「レンズの磨きの達人」「レンズのお医者さん」などと呼ばれ、日本全国や海外からも修理の依頼を受けている。山崎さんの工房に伺い、仕事の様子とともにお話を伺う。
 
佐藤 健さん
第3週 (#1079) 2010.01/17
「やり直しがきく人生」佐藤 健さん


JICAのシニアボランティアとして南米チリに派遣され、卓球のナショナルチームの強化を任された佐藤健さんは、2年間でその成果を上げ帰国した。日本の大学や実業団でも監督として幾度も選手を優勝させた経験を持つ佐藤さんは、かつて、合宿、遠征と家庭を顧みず活動する中で、家庭不和を招いたこともあるという。現在は、家族と楽しく暮らしているという佐藤さんの生活の様子とお話を伺う。
 
関根弘興
第4週 (#1080) 2010.01/24
ライフ・ラインのつどい in 千葉
「いつも共に」


昨年11月に千葉県船橋市で行われた「ライフ・ラインのつどい in 千葉」から、関根弘興牧師による聖書のお話「いつも共に」をお届けする。また、音楽ゲストで、小中学生を中心に構成されたエバーグリーン・クワイアーと番組テーマ曲でおなじみのコパンのコンサートの様子も紹介する。
 
堀江 優(まさる)さん
第5週(#1081) 2010.01/31
「人間の弱さを描く画家・2」堀江 優(まさる)さん 


昨年10月に紹介した画家の堀江優さんの2回目。安井賞(文学界でいう芥川賞にあたる賞)受賞画家の堀江さんは、人間の弱さをテーマに聖書の人物を描いている。神戸市にあるアトリエを訪ね、制作の様子を紹介するとともに、長年、教師をしながら絵を描いてきた堀江さんご自身のことについてお話を伺う。
 
群馬ライフ・ライン フッター MAIL