群馬ライフ・ライン ヘッダー

ライフ・ライン2010年10月番組案内
東風平愛郎さん・友子さん(

第1週(1116) 2010.10/03
「ハルサー(畑人)ミュージシャン:アイモコ」
東風平愛郎さん・友子さん(2)

沖縄県大宜味村を拠点に、夫婦デュオ「アイモコ」として活動する東風平愛郎さん・友子さんの2回目。「アイモコ」の二人は、音楽活動のかたわら、無農薬でパパイヤや島らっきょうなどの野菜を作っているハルサー(畑人=沖縄方言で“農家・農民”)でもある。地元のテレビやラジオのレギュラー番組、CM出演など多方面で活躍する「アイモコ」のライフスタイルを紹介する。

 
碓井真史さん

第2週(1117) 2010.10/10
「あなたが死んだら私は悲しい」碓井真史さん(2)

新潟青陵大学・大学院の教授で、心理学者の碓井真史さんへのインタビューの第2回目。碓井さんは、大学院で「臨床心理学」を教えると共に、講演やインターネットのホームページ、執筆活動などを通して自殺防止の働きに力を入れている。また今年の4月には、『あなたが死んだら私は悲しい』という本を出版した。本の内容を紹介しながら、自殺問題や自殺防止などのお話を伺う。

 
ブラザー・タイスケさん

第3週(1118) 2010.10/17
「ガット・イズ・リアル」ブラザー・タイスケさん

新潟を拠点に活躍するゴスペルシンガーのブラザー・タイスケさんは、ゴスペル音楽の発祥の地、アメリカ南部のニューオリンズで、現地教会の音楽ディレクターとして合唱団の指揮や音楽活動をしていた。2004年に帰国し、現在はゴスペルクワイアの指揮者として指導をする他、シンガーとしての活動も展開している。この8月に大阪で行われた「なにわゴスペルフェスティバル」での歌と共にお話をお届けする。

 
村上宣道

第4週(1119) 2010.10/24
聖書シリーズ「ヨハネの福音書」(1)
解説:村上宣道

新約聖書の中にはイエス・キリストの語ったことばや生涯が記された「福音書」と呼ばれる書物が4つある。その中でも、独特の視点から書かれているといわれている「ヨハネの福音書」を取り上げる。シリーズでお届けする第1回は、著者であるキリストの弟子ヨハネについて、また序文にスポットを当て、バイブルコーナーでおなじみの村上宣道牧師が解説する。

 
田中恵子さん

第5週(1120) 2010.10/31
「グレース」田中恵子さん

今年の春、東京にあるキリスト教会で行われたチャペルコンサートから、兵庫県神戸市在住のピアニスト田中恵子さんの演奏と歌、そして楽しいおしゃべりをお届けする。田中さんは音楽工房GRACE【K&K】を主宰し、CDのリリース、チャペルコンサート、音楽会、合唱の伴奏、施設の慰問など幅広く活動をしている。

 
群馬ライフ・ライン フッター MAIL