群馬ライフ・ライン ヘッダー

ライフ・ライン2011年10月番組案内
遠藤正一さん

第1週(1167)2011.10/02
「ロングライフの歩み」遠藤正一さん

現在、関西を中心に全国20の有料老人ホームの働きを展開する日本ロングライフ株式会社は、25年前に国内初の総合介護サービス事業を行う民間会社としての働きをスタートさせた。以後、介護のプロを育成し、理想の老人ホーム作りを手掛けてきた。この介護サービスのパイオニア的な会社の代表・遠藤正一さんに、25年の活動を振り返りながら、理念の根底にあるキリスト教信仰についてお話を伺う。

 
守部喜雅さん
第2週(1168)2011.10/09
「聖書を読んだサムライたち〜龍馬の遺志を継いだ男・坂本直寛」 守部喜雅さん(3)

およそ150年前、幕末維新の時代。日本の港が世界に開かれ欧米文明が入ると同時に、聖書(キリスト教)も伝えられ、幕末を生きた人物たちに様々な影響を与えた。『聖書を読んだサムライたち』の著者・守部喜雅さんをスタジオに迎え、龍馬の甥で自由民権運動の活動家として活躍し、後にキリスト教会の牧師となった坂本直寛についてお話を伺う。
 
間室伸子さん

第3週(1169)2011.10/16
「花と緑でいやされる」間室伸子さん

埼玉県吉見町にある花と緑の専門店「ガーデンセンターさにべる」の店長、間室伸子さんは、ハンギングバスケットマスターやグリーンアドバイザーなどの資格を生かして、イベントや教室の講師としても活躍している。花と緑は人の心を豊かにしてくれると語る間室さんにお話を伺うとともに、この季節から楽しめるハンギングバスケットの作り方を紹介してもらう。

 
森祐理さん

第4週(1170)2011.10/23
「慰めと希望」 森祐理さん

東日本大震災で大きな被害を受けた福島県で、番組の被災地支援プログラムとしてこの9月に開催した「森祐理コンサート」の様子を紹介する。福音歌手の森さんは阪神・淡路大震災で弟を亡くすという悲しい経験から、国内外の被災地に足を運び、心に痛みを持つ人々に歌を通して神様の慰め、励ましを届ける活動をしている。

 
馬渕恭子さん

第5週(1171)2011.10/30
「憩いのカフェ」 馬渕恭子さん

北海道中札内で、ファミリーカフェ「ぷりすか」を営んでいる馬渕恭子さんを紹介する。馬渕さんは、地元、十勝の食材を使った軽食と天然酵母パンを提供しながら、赤ちゃん連れの母親からお年寄り、そして障がいをもつ方まで、気楽にゆったりと集える空間を作っている。そんな馬渕さんの働きの様子を紹介するとともにお話を伺う。

 
群馬ライフ・ライン フッター MAIL