群馬ライフ・ライン ヘッダー

ライフ・ライン2013年11月番組案内
田中哲さん

第1週(1275)2013.11/03
「発達障害とその子『らしさ』」田中哲さん)

児童精神科医の田中哲さんは、長年、「発達障害」と呼ばれる子どもたちとその家族に関わり続けている。この春には、これまでの経験を元に『発達障害とその子らしさ〜児童精神科医が出会った子どもたち〜』という本を出版した。番組では、田中さんにインタビューし、アスペルガー障害や多動症などの子どもたちの「心の姿」や「接し方」、また、田中さんが大切にしている思いなどを伺う。

 
星野富弘さん

第2週(1276)2013.11/10
「富弘美術館〜いのちの尊さを語り続けて〜」星野富弘さん

花の詩画で知られる星野富弘さんの特集をシリーズでお届けする。星野さんは大学卒業後、中学校の体育教師となるが、クラブ活動の指導中に不慮の事故で頸髄を損傷、首から下の運動機能を失った。入院中に口にくわえた筆で詩画を描き始めるようになり、その作品は多くの人に感動を与えている。第一回は、星野さんの郷里、群馬県みどり市にある「富弘美術館」を訪ね、作品を紹介するとともに、美術館館長の聖生清重さんにお話を伺う。

 
芦名昌利さん

第3週(1277)2013.11/17
第4週(1278)2013.11/24
「誰でもキリストにあるなら」芦名昌利さん

青森県青森市にあるキリスト教会で牧師をしている芦名昌利さんは、かつて、プロボクサーとしてリングに上がっていた。芦名さんは、幼少期から中学に進学するまで体が弱く、入退院を繰り返していたが、健康を取り戻してからは非行に走り、やがてボクサーになったという。番組では、芦名さんの人生と、なぜボクサーから牧師になったのかを2週にわたって紹介する

 
群馬ライフ・ライン フッター MAIL