群馬ライフ・ライン ヘッダー

ライフ・ライン2013年12月番組案内
姜 春東(カン・チュンドン)さんん

第1週(1279)2013.12/01
「神の指揮に導かれて」姜 春東(カン・チュンドン)さん

 指揮者の姜春東さんは、韓国の音楽大学で学んだ後、1991年に来日、東京音楽大学と東京芸術大学で作曲と指揮を学んだ。東京芸術大学大学院在学中には、270人のオーディションを突破し、韓国人として初めて日本フィルハーモニー交響楽団で指揮を務めた。現在、プロの指揮者として活動している姜さんは、指揮や作曲とともに、アマチュア合唱団の指導など様々な活動も行っている。姜さんの活動を紹介するとともに、「音楽の原点」やこれまでの「人生の歩み」などについて、お話を伺う。

 
星野富弘さん

第2週(1280)2013.12/08
「富弘美術館 〜花の詩画の源流〜」星野富弘さん

 花の詩画で知られる星野富弘さんをシリーズでお届けする2回目。星野さんは大学卒業後、中学校の体育教師となるが、クラブ活動の指導中に不慮の事故で頸髄を損傷、首から下の運動機能を失った。入院中に口にくわえた筆で詩画を描き始めるようになり、その作品は多くの人に感動を与えている。第2回は、第1回に引き続き、星野さんの郷里、群馬県みどり市にある「富弘美術館」を訪ね、学芸員の桑原みさ子さんに星野さんの作品の特徴などを紹介していただく。

 
ジーザス・ストーリー

第3週(1277)2013.11/17
ジーザス・ストーリー

 9月に東京で行われた「セレブレーションオブラブ」というイベントから、その中でのプログラム「ジーザス・ストーリー」をお届けする。「ジーザス・ストーリー」は、聖書朗読と映像、そして、日本で活躍するクリスチャンシンガーたちの音楽で、イエス・キリストの生涯が綴られている。

 
ジーザス・ストーリー

第4週(1282)2013.12/22
ライフ・ラインのつどい in 静岡
「わが心に灯れ、いのちの光よ!」

 静岡県沼津市で行った「ライフ・ラインのつどい」から、原田憲夫牧師によるクリスマスのお話「わが心に灯れ、いのちの光よ!」をお届けする。

 
レーナ・マリアさん

第5週(1283)2013.12/29
「I’m So Happy」レーナ・マリアさん

 9月に東京で行われた「セレブレーションオブラブ」というイベントから、スウェーデン出身のシンガーソングライター、レーナ・マリアさんのコンサートをお届けする。レーナ・マリアさんは、生まれた時から両腕がなく、左足は右足の半分の長さしかないという障がいを持っている。しかし、3歳の頃から水泳教室に通い、スウェーデン代表として、世界障がい者水泳選手権などで数々のメダルを獲得した。また、高校では音楽を専攻し、卒業後は本格的に音楽活動を開始した。1992年以降、日本でも度々コンサートを行い、好評を博している。

 
群馬ライフ・ライン フッター MAIL