群馬ライフ・ライン ヘッダー

ライフ・ライン2014年7月番組案内
みなみ ななみさん

第1週(1305) 2014.07/06
「小さな門につづく道」
みなみ ななみさん

「ライフ・ライン」のオープニングの絵を描いているイラストレーターのみなみななみさんを紹介する。みなみさんはこれまでに、イラストルポや漫画、聖書のことばをモチーフにした本などを多数、発表している。絵や制作の様子を紹介するとともに、作品への思い、また、ご自身のことなど、お話を伺う。

原田憲夫

第2週(1311) 2014.07/13
ライフ・ラインのつどい in 北海道(札幌)」
「いのちの光が灯る」

6月に北海道札幌市で行った「ライフ・ラインのつどい」から、原田憲夫牧師の聖書のお話「いのちの光が灯る」を、また、音楽ゲストのピアニスト・赤津ストヤーノフ樹里亜さんの演奏をお届けする。

関口 博さん・美樹さん

第3週(1312) 2014.07/20
「パン・ド・ノエル」 関口 博さん・美樹さん

東京都国立市で焼きたての無添加パンを提供している「パン・ド・ノエル」の関口博さん、美樹さん夫妻を紹介する。夫の博さんは、元国立市長で現在は店のオーナー。妻の美樹さんは、大手パン作り教室の師範の資格を持つ腕前で、国立で25年間パン教室も開いている。そんな夫妻が営む「パン・ド・ノエル」を紹介するとともに、お話を伺う。

森下辰衛さん

第4週(1313) 2014.07/27
「氷点 50年」 森下辰衛さん

作家・三浦綾子さんは、1964年に朝日新聞社主催の1千万円懸賞小説に応募し、『氷点』で1位入選を果たしてデビューした。それから50年、『氷点』『続氷点』は合わせて810万部を超える不朽の名作として、世界各国で読み継がれている。北海道旭川市にある三浦綾子記念文学館を訪ね、『氷点』50年の記念企画展の様子を紹介するとともに、今年の4月に『氷点』を解説する本『「氷点」解凍』を出版した同館研究員の森下辰衛さんにお話を伺う。

群馬ライフ・ライン フッター MAIL