群馬ライフ・ライン ヘッダー

ライフ・ライン2014年10月番組案内
小川政弘さん

第1週(1323) 2014.10/05
「映画を見る目」 小川政弘さん

小川政弘さんは映画の製作・配給を行っているワーナー・ブラザース映画の元製作室長で、現在は字幕翻訳養成学校の講師をしている。ワーナー・ブラザース映画に在職していた46年半の間に小川さんは、「マトリックス」など話題作のシリーズや「ラスト・サムライ」などの監修、また、「偉大な生涯の物語」、「老人と海」などの字幕翻訳など、 2000本を超える映画に携わってきた。今回はそんな小川さんに、この秋から日本で上映される映画の紹介をしていただくとともに、ご自身についてお話を伺う。

西岡誠一さん

第2週(1324) 2014.10/12
「神の息吹によって」 西岡誠一さん」

オルガンビルダーの西岡誠一さんは、海外の職人と共に、国内の様々なコンサートホールにパイプオルガンを設置し、現在は修理や調律などのメンテナンスを行っている。オルガンビルダーの仕事の様子とともに、西岡さんのお話をお届けする。

ホルヘ・アルベルト・オルテガさん

第3週(1325) 2014.10/19
「エスペランサ(希望)」
ホルヘ・アルベルト・オルテガさん

神奈川県横浜市にあるサッカークラブ「エスペランサ」は、小学生から社会人までおよそ400名が所属し、神奈川県下でトップレベルのチームとして注目されている。総監督のホルヘ・アルベルト・オルテガさんは、元アルゼンチン代表選手で、アルゼンチンリーグでは3年連続で得点王になるなど活躍した。クリスチャンでもあるオルテガさんは、子どもたちの技術の向上とともに、人格的な成長も大切にしている。「エスペランサ」の活動の様子とオルテガさんのお話をお届けする。

関根弘興ん

第4週(1326) 2014.10/26
「心の安息を求めて」 関根弘興

10月に兵庫県神戸市で行った「ライフ・ラインのつどい」から関根弘興牧師の聖書のお話「心の安息を求めて」をお届けする。また、今年、創立45周年を迎えた「神戸クリスチャンクワイア」のコンサートの様子も紹介する。

群馬ライフ・ライン フッター MAIL