群馬ライフ・ライン ヘッダー

ライフ・ライン2015年5月番組案内
松崎充彦さん

第1週(1352)2015.05/03 
「小さな門につづく道」 みなみななみさん

「ライフ・ライン」のオープニングの絵を書いているイ ラストレーターのみなみななみさんを紹介する。 みなみさんはこれまでに、イラストルポや漫画、聖書の言葉をモチーフにした本などを多数、発表している。絵や制作の様子を紹介するとともに、作品への思い、また、ご自身のことについてなどのお話を伺う。

 
加藤惟一さん、純子さん

第2週(1353)2015.05/10
「ともに」 加藤惟一さん、純子さん

1954年に東京都葛飾区のキリスト教会から始まった「葛飾こどもの園幼稚園」は、「キリスト教保育」を土台に、園庭を中心とした様々な遊びを通して子どもの発想を育てる「自由主義保育」を柱としている。また、障がいをもった子も多く受け入れ、年齢や障がいの有無を超えた縦割りクラスでの「インクルーシブ保育」も行っている。創立者で理事長の加藤惟一さんと妻の純子さんにお話を伺う。

 
須貝真己子さん

第3週(1354)2015.05/17
「本当によかったわね」 須貝真己子さん

映画「石井のおとうさんありがとう」で2004年にスクリーンデビューをした俳優の須貝真己子さんを紹介する。舞台やドラマなどで俳優として活躍している須貝さんは、昨年、『氷点』『塩狩峠』などで知られる作家・三浦綾子さんの人生を描いた初めての演劇「本当によかったわね」を一人芝居で公演した。5月末の再演を前に練習に励む様子とともに、お話を伺う。

 
小堀英郎さん

第4週(1355)2015.05/24
「Fragrance 〜香り〜 」 小堀英郎さん

ピアニストで作曲や編曲もこなす小堀英郎さんを紹介する。小堀さんは子どもの頃からピアノに親しみ、大阪音楽大学に進学した。3年生の時に事故で左手首を損傷。ピアニストとしての道は不可能と診断をされたところから、奇跡的に回復するという経験をきっかけに、神の恵みを奏でる生涯を決意したという。現在、国内はもとより、韓国、ヨーロッパ、アメリカなどで活躍する小堀さんの演奏とともにお話を伺う。

 
松岡拓也 さん

第5週(1356)2015.05/31
「 何もかもはできなくても、何かはきっとできる 」
松岡拓也 さん

特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパンは、世界の貧困・飢餓・紛争に苦しむ子どもたちを支援している。スタッフの松岡拓也さんをスタジオに迎え、アフリカ・タンザニアの子どもたちの現状と「チャイルドスポンサーシップ」ついてお話を伺う。

 
群馬ライフ・ライン フッター MAIL