群馬ライフ・ライン ヘッダー

ライフ・ライン2015年9月番組案内
長岡淳三さん

第1週(1370)2015.09/06
「変えられた人生観」長岡淳三さん

神奈川県横浜市で税理士事務所を営む長岡淳三さんは、様々な企業の顧問税理士として高い評価を得ている。「税に対する専門的知識の研究」、「経験と実績に基づく提案」、「納税者との信頼関係」を大切にしている長岡さんには、それらの土台となる大切な人生観があるという。長岡さんの仕事の様子を紹介するとともにお話を伺う。

 
高尾美貴さん

第2週(1371)2015.09/13
「愛によって寄り添う看護」高尾美貴さん

埼玉県川口市にある「マナ訪問看護ステーション」の所長で看護師の高尾美貴さんを紹介する。近年、高齢者の増加に伴い、全国的に訪問看護の必要性が高まっている。長年看護師として働く中で様々な課題を感じてきた高尾さんは、2014年5月、数人の看護師とともに「マナ訪問看護ステーション」を開設した。高尾さんの仕事の様子を紹介するとともにお話を伺う。

 
横田早紀江さん

第3週(1372)2015.09/20
「祈り ?神様どうしてですか?」横田早紀江さん

1977年11月15日、横田早紀江さんの長女・めぐみさん(当時13歳)は、学校から自宅に戻ることはなかった。警察も懸命な捜査をし、あらゆる手を尽くして捜索しても、何の手がかりもなく、家族は絶望の淵に立たされた。どこかで生きていると信じてはいても、つらく苦しい日々が続く。そんな中で、早紀江さんは聖書に出会い、聖書のことばに勇気づけられてきたという。そして20年後、めぐみさんは北朝鮮に拉致されていたことが判明した。今なお、解決が見出せない状況の中で、早紀江さんは何を考え、何を祈るのか、早紀江さんの体験とともにお話を伺う。

 
横田早紀江さん

第4週(1364)2015.09/26
「希望 〜愛はあきらめない〜」横田早紀江さん

1977年11月15日、横田早紀江さんの長女・めぐみさん(当時13歳)は、学校から自宅に戻ることはなかった。警察も懸命な捜査をし、あらゆる手を尽くして捜索しても、何の手がかりもなく、家族は絶望の淵に立たされた。どこかで生きていると信じてはいても、つらく苦しい日々が続く。そんな中で、早紀江さんは聖書に出会い、聖書のことばに勇気づけられてきたという。そして20年後、めぐみさんは北朝鮮に拉致されていたことが判明した。今なお、解決が見出せない状況の中で、早紀江さんは何を考え、何を祈るのか、早紀江さんの体験とともにお話を伺う。

 
群馬ライフ・ライン フッター MAIL