群馬ライフ・ライン ヘッダー

-->
ライフ・ライン2015年11月番組案内
菅原哲男さん

第1週(1352)2015.11/01 
「光の子どもたち」 菅原哲男さん

埼玉県加須市にある児童養護施設「光の子どもの家」は、1985年に開設され、児童虐待など様々な理由で親の養育を受けられない子どもたちを受け入れ、できる限り家庭的な暮らしが送れるような環境を提供している。この施設の創立者で理事長の菅原哲男さんにお話を伺うとともに、施設の様子を紹介する。

 
飯島寛子さん

第2週(1366)2015.11/08
「アロハの贈りもの」 飯島寛子さん

ハワイに在住し、エッセイスト、ラジオパーソナリティとして活躍する飯島寛子さんは、今年、『アロハの贈りもの』というエッセイ集を出版した。このエッセイ集は、夫でもあり世界の第一線で活躍したプロ・ウィンドサーファーだった故飯島夏樹さんの闘病から天国に送るまで、そして、その後の家族の歩みを記したもの。飯島さんにこの本について、また、夏樹さんやご自身を支えたキリスト教信仰についてお話を伺う。

 
 マイケル・チャンさん

第3週(1367)2015.08/16
「希望へのスマッシュ」 マイケル・チャンさん

元プロテニスプレーヤーで、現在コーチを務めるマイケル・チャンさんがこの10月に来日した。チャンさんは、1988年にプロ入りし、翌年には「全仏オープン」で初優勝を果たした。17歳3ヶ月での四大大会優勝は史上最年少記録で、未だその記録は破られていない。最高世界ランクは2位、10年間トップ10内を記録するなど、世界の第一線で活躍した。そんなチャンさんにお話を伺うとともに、東京で行われたトークイベントの様子をお届けする。

 
関口正人さん

第4週(1368)2015.08/23
「自然の恵みの中で描く」 関口正人さん

群馬県高崎市在住の画家・関口正人さんは、子どもの頃から画を描くことが好きで、美術専門学校の講師を経て、現在は、絵画教室を開きながら、風景画を描く画家として活躍している。また、関口さんは、中学生の頃、些細なことからいじめを受け、その悩みの中でキリスト教会に通うようになり、神様の愛を知って生きる希望を持てるようになったという。そんな体験談とともに、自然の中で画を描く恵みについてお話を伺う。

 
町田君代さん

第5週(1382)2015.11/29
「神様の御手にひかれて」町田君代さん

埼玉県さいたま市にある株式会社メタルワーク工業は、おもに鉄道関連の施設で使われる金属やステンレス部品の加工業を手掛けている。社長の町田君代さんは、10年前、当時社長だった夫を事故で亡くし、仕事内容など全くわからないまま会社を引き継いだ。試練の中、町田さんを支えたものは、若い時に持ったキリスト教信仰だったという。町田さんの働きを紹介するとともにお話を伺う。

 
群馬ライフ・ライン フッター MAIL