群馬ライフ・ライン ヘッダー

 
ライフ・ライン2017年11月番組案内
羽鳥頼和

第1週(1481)2017.11/05
ライフ・ラインのつどい in 群馬
「イエスとの絆を結ぶ」

この10月に群馬県前橋市で「ライフ・ラインのつどい」を行いました。つどいでは、ラジオ番組「世の光」でおなじみの羽鳥頼和牧師が「イエスとの絆を結ぶ」というタイトルで聖書のメッセージを語りました。そんな「つどい」の様子を紹介します。

 
村岡泰右さん

第2週(1482)2017.11/12
「荒波を乗り越えて」 村岡泰右さん

静岡県富士宮市在住のキリスト教会の牧師・村岡泰右さんは、1歳の頃に父親の仕事で現在の北朝鮮に移住しました。その後、太平洋戦争が起こり、6歳で終戦を迎えます。ソ連兵の侵攻で生命が危うくなった12月の極寒の中、村岡さん一家は北朝鮮からの脱出を決行し、奇跡的に日本に帰り着くことができました。帰国後、クリスチャンになり、牧師となった村岡さんに当時の思いや出来事について伺います。

 
スティーブンさん

第3週(1483)2017.11/19
「将来に希望と光を」
スティーブンさん、石坂明日香さん

世界の貧困・飢餓・紛争に苦しむ子どもたちを支援している特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパンの働きを紹介します。今回は、ワールド・ビジョンの働き「チャイルド・スポンサーシップ」の支援を受けて成長し、現在、日本の大学で学んでいるスティーブンさんと、ワールド・ビジョン・ジャパンのスタッフ、石坂明日香さんにお話を伺います。

石坂明日香さん
亀岡亜希子さん

第4週(1484)2017.11/23
「わすれものをとどけに」 亀岡亜希子さん

山形県米沢市在住の絵本作家・亀岡亜希子さんは、2000年に『ねんにいちどのおきゃくさま』で絵本作家としての歩みを始めました。以来、絵本や童話の出版、また、童話の挿絵やまんが絵本など幅広い作品を手がけています。昨年出版した絵本『わすれものをとどけに』の原画展の様子を紹介するとともに、「読んだ人の心の奥底に、いつまでもしまっておいてもらえるような絵本を描いていきたい」と語る亀岡さんにお話を伺います。

 
群馬ライフ・ライン フッター MAIL