群馬ライフ・ライン ヘッダー

 
ライフ・ライン2019年10月番組案内
藤井英彦さん

第1週(1580)2019.10/06
「神にある喜びと平安」 藤井英彦さん

福島県会津若松市にあるキリスト教会の牧師・藤井英彦さんは、かつて大手企業で働いていた時に働き過ぎで体を壊してしまうという経験をしました。回復の糸口もなく精神的にも不安定な状態が続く中、キリスト教会に通うようになり、不思議なように癒やされていったといいます。現在、神にある喜びと平安を伝える牧師として活動する藤井さんにお話を伺います。 

 
山田 火砂子さん

第2週(1581)2019.10/13
「一粒の麦」 山田 火砂子さん

日本初の女医・荻野吟子の生涯を描いた映画「一粒の麦 荻野吟子の生涯」(現代ぷろだくしょん)が、10/26から上映されます。荻野吟子は、まだ日本では女性に医者の許可を与える制度がない明治時代に、男子の学校に通い、苦労を重ねて、日本で初めての女医となりました。クリスチャンであった荻野吟子の愛した聖書のことばは、「人その友の為に己の命をすつる。これより大いなる愛はなし」でした。この映画の監督・山田火砂子さんにお話を伺います。

 
塚田献牧師

第3週(1582)2019.10/20
ライフ・ラインのつどい in 福島    塚田献牧師

この7月に福島県会津若松市で「ライフ・ラインのつどい」を行いました。つどいでは、賛美グループ・LYRE(リラ)がオリジナルの賛美を歌い、LYRE(リラ)のメンバーのひとり、塚田献牧師が「あなたこそわが望み」というタイトルで聖書のメッセージを語りました。番組では、そんな「つどい」の様子を紹介します。

 
 小山晶子さん

第4週(1583)2019.10/27
「愛の神」 小山晶子さん

賛美グループ・LYRE(リラ)の歌と、メンバーの小山晶子さんのお話を紹介します。LYRE(リラ)は、大学在学中の6名のメンバーによって結成されました。卒業後は、牧師や宣教師など、それぞれの道を歩む中でアルバム制作、コンサート活動を行ってきました。ヒーリングゴスペルの原点といわれるサウンドは、多くの人の慰め、励まし、希望となっています。

 
群馬ライフ・ライン フッター MAIL