群馬ライフ・ライン ヘッダー

ライフ・ライン2020年5月番組案内
森 祐理さん

第1週(1609)2020.05/03
イスラエル シリーズ
「イエス・キリストの生涯をたどる旅」

シリーズでお届けしている「イエス・キリストの生涯をたどる旅」。このシリーズでは、福音歌手の森祐理さんが聖書の記述をたどりながらイエス・キリストが実際に生まれ育ち、活動したイスラエルの町々を訪ねます。今回は、エルサレムからイエス・キリストがゲツセマネの園で捕らえられるまでの足跡を紹介します。

 
井上幸子さん

第2週(1610)2020.05/10
「amie(アミー)工房」 井上幸子さん

北海道旭川市にあるランチとケーキの店「amie(アミー)工房」を紹介します。オーナーの井上幸子さんはピアニストで、教室を開いていた時の教え子が通うゴスペルクワイアに参加し、メンバーとして歌うなかで、キリスト教の信仰を持ちました。「amie」はフランス語で「友達」という意味で、井上さんはこの店を、多くの人が集い、癒される場所にしたいと願っています。お店の様子を紹介するとともに、井上さんにお話を伺います。

 
守部喜雅さん

第3週(1611)2020.05/17
「宣教師フロイスが記した明智光秀と細川ガラシャ・1」
守部喜雅さん

『サムライウーマン新島八重』『西郷隆盛と聖書』など、「聖書を呼んだサムライたち」というシリーズで多数の著作を持つジャーナリストの守部喜雅さんが、今年、『宣教師フロイスが記した明智光秀と細川ガラシャ』という本を出版しました。戦国時代に来日した宣教師たちが日本人に与えたもの、また明智光秀の娘で、時代に翻弄されながらもキリシタンとして気高く信仰を貫いた女性として知られる細川ガラシャの生き方について、2回にわたって守部さんにお話を伺います。

 
守部喜雅さん

第4週(1612)2020.05/24
「宣教師フロイスが記した明智光秀と細川ガラシャ・2」
守部喜雅さん

『サムライウーマン新島八重』『西郷隆盛と聖書』など、「聖書を呼んだサムライたち」というシリーズで多数の著作を持つジャーナリストの守部喜雅さんが、今年、『宣教師フロイスが記した明智光秀と細川ガラシャ』という本を出版しました。戦国時代に来日した宣教師たちが日本人に与えたもの、また明智光秀の娘で、時代に翻弄されながらもキリシタンとして気高く信仰を貫いた女性として知られる細川ガラシャの生き方について、2回にわたって守部さんにお話を伺います。

 
関根弘興

第5週(1613)2020.05/31
ライフ・ラインのつどい in 沖縄
「旅人よ、天の故郷を目指せよ!」

昨年の秋、沖縄県豊見城市のキリスト教会で「ライフ・ラインのつどい」を行いました。つどいでは、沖縄で活躍するゴスペルシンガーがオリジナルの歌を歌い、原田憲夫牧師が「旅人よ、天の故郷を目指せよ!」というタイトルで聖書のメッセージを語りました。そんな「つどい」の様子を紹介します。

 
群馬ライフ・ライン フッター MAIL