群馬ライフ・ライン ヘッダー

 
ライフ・ライン2020年12月番組案内
泉谷千賀子さん

第1週(1640)2020.12/04
「おくりもの」泉谷千賀子さん

羊毛で、かわいらしい動物や小物を作っている羊毛フェルト作家・泉谷千賀子さんは、昨年、絵本「おくりもの」を出版しました。この絵本は、自分は役立たずだと感じて家を飛び出してしまう子羊の冒険物語です。泉谷さんに、絵本「おくりもの」についてお話を伺うとともに、羊毛で作るクリスマスの飾り、オーナメントの作り方を教えいただきます。

 
  横山大輔さん

第2週(1641)2020.12/13
「おくりもの 〜The Real Christmas〜」
横山大輔さん

ゴスペルシンガー・ソングライター・横山大輔さんは、カリフォルニア州立大学で声楽・音楽理論を学び2004年に帰国、以降、全国47都道府県ツアーや、アジア・中東諸国を巡るツアーを行ってきました。近年は妻・和子さんと活動を共にし、2020年4月にはアルバム「生きる」をリリースしました。横山さんに、クリスマスシーズンにぴったりのオリジナル曲を紹介いただくとともに、ゴスペルの出会いについて伺います。

 
 岩井基雄牧師

第3週(1642)2020.12/20
ライフ・ライン クリスマスのつどい 「おくりもの」
岩井基雄牧師

無観客「ライフ・ライン クリスマスのつどい」の様子を紹介します。今回の「つどい」では、ソプラノの坂井田真実子さんがクリスマスキャロルを歌い、岩井基雄牧師が「おくりもの」というタイトルでクリスマスのメッセージを語りました。

坂井田真実子さん
 安武玄晃さん

第4週(1643)2020.12/27
「賛美の人生」大塚野百合さん

昨年12月に天国に旅立った恵泉女学園大学名誉教授の大塚野百合さんの記念会が、今年9月に催されました。大塚さんは賛美歌研究の著書の中で、日本の唱歌にも賛美歌のメロディーが取り入れられているものが多いことを紹介しています。大塚さんの身近な方々のインタビューとともに、2006年に「ライフ・ライン」に出演した時の映像を振り返りながら、いつも神様を賛美しながら生きることの素晴らしさを考えていきましょう。

 
群馬ライフ・ライン フッター MAIL