群馬ライフ・ライン ヘッダー

ライフ・ライン2021年07月番組案内
公文和子さん

第1週(1669)2021.07/04
「ケニアの子どもたちに寄り添う・1」 公文和子さん

ケニアの首都ナイロビ郊外の障がい児支援施設「シロアムの園」の園長を務める、小児科医の公文和子さんを紹介します。先月出版された公文さんの初めての手記『グッド・モーニング・トゥ・ユー! 〜ケニアで障がいのある子どもたちと生きる』の内容に触れながら、どのようにして海外の障がい児たちと出会い、ケニアで施設を設立するようになったのか、また子どもたちへの思いについて、一時帰国した公文さんにお話を伺いました。

 
 原田憲夫牧師、井上とも子さん、菅野万利子さん

第2週(1670)2021.07/11
「神はあなたを見捨てない」 奥間英樹さん

奥間英樹さんは、東京・代々木公園で20年もの間、ホームレス生活をしていましたが、そこで行われていたクリスチャンの支援ネットワークによる活動によってキリスト教信仰を持ちました。その後、自律神経失調症と統合失調を患い、今は癌と闘病中の奥間さん。「命ある限り」と、キリストに出会ったことの素晴らしさについて懸命に語る姿をお届けします。

 
関根弘興牧師、安武玄晃さん

第3週(1671)2021.07/18
ライフ・ラインのつどい「はじめに神が」
関根弘興牧師、安武玄晃さん

この5月に静岡県浜松市で行った「ライフ・ラインのつどい」の様子を紹介します。今回の「つどい」では、地元で活動をするユースバンドとサックス奏者の安武玄晃さんが賛美歌を演奏し、関根弘興牧師が「はじめに神が」というタイトルで聖書のメッセージを語りました。

 
 岩渕まことさん・由美子さん

第4週(1672)2021.07/25
「この心を照らすのは…」小山晶子さん

賛美グループ・LYRE(リラ)の歌とメンバーの小山晶子さんのお話を紹介します。LYRE(リラ)は、大学在学中に6名のメンバーによって結成されました。卒業後は、牧師や宣教師など、それぞれの道を歩む中でアルバム制作、コンサート活動を行ってきました。2019年に福島県会津若松市で行った「ライフ・ラインのつどい」から歌をお届けするとともに、中学生の頃にいじめにあっていたという小山さんにお話を伺います。

 
群馬ライフ・ライン フッター MAIL